夢占いで雨の意味は浄化や運気の変化を暗示する!他19選

夢LABOのゆめみです!雨が降る夢はあなたの心のネガティブな感情が洗われている、その最中であることを示します。今後体調や運気の変化を暗示する夢ですよ!雨の中でとった行動やその時の感情が実際の運気にも繋がってきますのでよく思い出してくださいね。

今回は雨の夢について詳しくみていきましょう。今のあなたに必要なメッセージが込められていますよ。

<スポンサーリンク>

夢占いで雨の意味

夢占いで雨が降る意味には、夢の中でのシチュエーションによって様々な意味合いが込められています。

まずひとつに「洗い流す」という意味があり、雨の水で今の現状や、ネガティブな感情を洗い流し、癒しを与える浄化の意味があります。そして、気圧や季節の変わり目などに左右される雨の夢は、あなた自身の体調や運気の変化にも関係してきます。

心の変化や、体の不調のサインなども雨の夢からのメッセージになるので、その時のシチュエーションを他の印象的なものにも注意を向けることによって、より雨についての意味合いが深まってきますよ。

それではシチュエーション別の雨の夢についてみていきましょう。

 

<スポンサーリンク>

雨漏りの夢

実際に住んでいる家などが雨漏りしてしまったら、「運が悪いな」などと思ってしまうかもしれませんが、夢の中での雨漏りも、同じように今の生活の中の違和感を意味しています。

それは、住んでいる家ではなく、仕事や人間関係などの環境を意味しています。

気の合わない人との付き合いを続けていかなければならなかったり、仕事などで自分を追い込んでしまうようなプレッシャーを感じているのかもしれません。

これらの「違和感」は初めは耐えられるかもしれませんが、その状態が長引くと、精神面でも負荷がかかる可能性があるでしょう。

今の環境を見直し、目線を変えることを雨漏りの夢は伝えているのです。

また、様々な雨漏りの夢の意味合いについて詳しくみていきましょう。

 

雨漏りする家の夢

家の中が雨で濡れてしまうと、生活に支障が出るどころか、ひどい時には家の中の物が雨水にやられてしまい、使えなくなったり、最悪の場合は家自体を出ていかなければならないこともあるでしょう。

そういった家が雨漏りしてしまう夢には、あなたの人間関係で不満やトラブルを意味しています。

 

最近、あなたを取り巻く環境が変わり、人間関係に悩むことはありませんか?

もしかしたら、知らぬ間に合わない人との関わりの中で、ストレスを感じている可能性があります。

 

その相手が職場の人間だとすれば、業務に集中したりとうまく距離を取ることができるかもしれませんし、何か解決策を見つけれることができればいいでしょう。

しかし、人間関係も雨漏りと同じように、改善するために行動に移さなければ、今の状態は変わらないことを意味しています。

大切なのは、自分からアクションをとることで、今の状態が改善することを教えてくれているのです。

 

雨漏りを修理する夢

また、雨漏りを修理する夢には、今の現状を変えるために自分が努力していることを意味します。

今の現状を前にして、逃げることのできない壁が、目の前に立ちはだかってはいませんか?その壁は、仕事に関することでなくともプライベートや家族間での悩みかもしれませんが、あなたにとって、大切で見て見ぬ振りはできないような問題のはずです。あなたが今努力している様子が夢の中にも暗示されていますね。

うまく修理ができない、苦労しているようであれば現実の問題も少し解決に時間がかかるかもしれません。楽しく修理していれば、周りの協力もあり解決する兆しが見えるでしょう。

 

すぐには解決しないような難しい問題もあるかもしれませんが、あなたが諦めなければ、結果的には良い方向に進むことができますよ。

 

天井から雨漏りする夢

また、どこから雨漏りしているのかというのも、夢からのメッセージを上手に受け取る大切なポイントになります。

もし夢の中で家の天井からの雨漏りが印象的な夢を見たならば、それはあなたが見上げる存在の人への不信感を意味します。

仕事では、上司や尊敬している人から受けるプレッシャーや過剰な重圧などが、あなた自身を圧迫しており、自分らしさを見失ってしまっているのかもしれません。

家という心身ともに体を休めてリセットする場所に、雨漏りがあるということは、常に張り詰めた空気の中で気を抜けない状態であることも意味しますので、意識してリラックスできる時間を作るようにしましょう。

 

壁から雨漏りする夢

壁からの雨漏りしている夢には、あなたの心のプライベートな空間に何者かが、無断で入り込もうとしている意味合いがあり、あまり良い夢ではないんですね。

自分が守っている家(プライベート)は、見られたくないプライバシーの部分も含んでいたり、自分一人だけで守っていきたい繊細なものです。

 

しかし、相手の興味本位だったり、時には嫉妬や妬みの感情で人の心をかき乱してくる人もいて、そんな人の存在があなたの近くにきていることを予兆しています。プライベートな部分をかき乱してくる相手に対して、もう見て見ぬフリはできないかもしれません。

相手に対して正面から向き合うのも、はっきり距離をとるのもあなた次第ですが、それなりの覚悟は必要かもしれませんね。覚悟を決めて行動を起こすタイミングになります。

 

雨漏りで布団が濡れる夢

布団というのは本来睡眠をとるために欠かせないものですが、夢の中での布団というのは、体の疲れや消耗、さらにはネガティブな感情を意味します。

そんな布団が雨によって濡れる夢には、心身の疲れから来るネガティブな感情が洗い流されることを意味するとてもいい夢になります。

今まで自分にはできないと思っていたことをできるタイミングにきたり、経験によって自信が生まれるチャンスですよ。

しかし、疑い深さが仕事への謙虚さに表れることもあるので、気を抜かないように注意が必要です。

 

雨漏りで水浸しになる夢

雨漏りで部屋全体がが水浸しになってしまうと、部屋に置いてある家具から生活用品まで全て支障が出てきてしまいます。

夢の中でも、雨漏りで水浸しになる夢は、あなたの心の部分に支障が出てしまうほどのストレスや疲れが出てしまっていることを意味します。

何か重要な局面では、自分の限界まで頑張らなければならないこともあるかもしれませんが、無理をしすぎてしまって、集中力がかけてミスをしてしまうこともあるかもしれません。

今は心身ともに限界が近いサインでもあるので、力を抜いて見ることも必要かもしれません。

 

雨に濡れる夢

実際に雨に濡れるというのは、自分から率先してすることではなく、傘を忘れて雨の中を走って帰るなどのハプニングのようなことが多いのではないでしょうか。

イメージからして、あまりいい夢に感じないかもしれませんが、雨に濡れる夢というのは、浄化を表すとてもいい夢になります。

 

しかし、雨が降っている夢には自分の心も天気のようにどんよりとしてスッキリしていないことを意味しています。雨で濡れている夢には小雨から土砂降りまで様々ですが、基本的に大雨での中濡れる夢である方が、嫌な出来事や感情を洗い流す意味で吉夢になるのです。

また、雨に濡れる夢をみたあと、起きたときの気分に不快感を感じてしまった時には逆夢になってしまうので夢を見た後の自分の感覚もよーく思い出してみてくださいね。

また、雨の中で傘をさす夢にはどのような意味があるのでしょうか。

 

雨のなか傘をさす夢

雨というのは、天気予報でも予測できないタイミングで雨が降ったりすることもあり、雨が降り始めた時に傘がないこともあるでしょう。

しかし、雨のが降っている中で傘をさすのが印象的な夢には、何か突発的なトラブルが起こったとしても、誰かが助けてくれたりと、何かしらの救いの手が差し出されることを意味します。

雨に濡れないようにしてくれる役割の傘のように、何か困った出来事があったとしても、誰かしらがあなたを助けてくれるはずです。

 

また、雨が降ってきて傘がないあなたに傘を差し出してくれた人が知り合いだったとしたら、その人があなたを理解してくれる味方になるでしょう。

また、雨傘をカス夢にはどのような意味合いがあるのでしょうか。

 

雨傘を貸す夢

誰かが傘を持たずに困っているときにあなたが傘を貸してあげる夢には、今あなたの周りで助けを求めている人がいることを意味します。

そのことをあなたが理解して助けることによって、助けた相手だけでなく、あなた自身も周りから評価されることになるでしょう。

自分に余裕がないと、人を助ける余裕もないので、あなた自身が今仕事とプライベートでもちょどよいバランスが取れているということを指しているという意味もあります。

 

雨傘がない夢

雨が降っているのにも関わらず、雨傘がない夢には、直面している問題に対して自分で解決する方法を見つけられないというもどかしい状態であることを意味しています。

しかし、問題に対してあたふたしているだけで、どうすれば解決することができるのかを考えていないのかもしれません。
人に任せる前には、自分で何ができるのかを考え、行動していくよう努力してみましょう。

あなたが行動することでそれをみている人が手を差し伸べてくれることもあるでしょう。

 

雨宿りする夢

突然の雨は私たちの行動に制限をかけてしまうあまりいいものではないように感じますが、現実でも同じように、雨から逃れるために雨宿りする夢には、現実から逃げていることを意味します。

雨自体は、浄化の意味合いがあることから、トラブルや悪いことを洗い流す意味合いがあるのですが、その雨に濡れないように雨宿りしているということは、夢占いではあまり良い意味を指すとはいえないのです。

今、困難な局面に立っているのに、正面から問題に向き合うことをしないため、いつまでたっても問題が解決することがないことを暗示しています。

この夢からのメッセージは、目の前の問題に向き合う強さを持つようあなたに対して投げかけているのです。

また、好きな人と雨宿りする夢にはどのような意味があるのでしょう。

 

好きな人と雨宿りする夢

好きな人との理想のシチュエーションとしてよくあげられるのが、雨宿りしている時に好きな人が通りかかって雨宿りをしながら、二人の時間を過ごしたなんていう状況は想像するだけでドキドキしてしまいます。

そんな嬉しい夢を見た場合、片思いの相手もあなたに対して好意を持っている可能性が高いでしょう。

早いタイミングで、二人の関係が急接近するようなことが起こったりするかもしれませんが、タイミングはとても大事なので、勇気をもてそうであれば、自分からアプローチをして、恋に発展させられますよ。

 

洗濯物が雨に濡れる夢

洗濯物を干していたのに、突然の雨にせっかく乾いた洗濯物が濡れてしまうのは、現実でもショックですよね。

このような夢を見た時には、現実でも、予想外のアクシデントに襲われて、身動きが取れなくなることを意味します。

どうにか解決策を探したいところですが、予想外の天気のように、改善する手立てはないかもしれません。もし、トラブルに巻き込まれたら、一度体制を立て直してから挑戦し直しましょう。

また、雨で自転車が濡れる夢にはどのような意味があるのでしょうか。

 

雨で自転車が濡れる夢

雨の中の自転車が印象的な夢には、「情熱、決意」のシンボルとなる自転車と、「浄化、運気の変化」の雨の二つがあることから、今までの自分を変えたいと思う情熱が運気の流れを変化させていることを示しています。

目標に対して、「自分はこうなりたい」と強く思う熱意があり、決心の固さが夢となって現れているのです。

何かを始めるにはそういった情熱はとても大事なので、どんどん行動に移していきましょう。

 

雨の中車で走る夢

雨の中、車を運転すると、雨がひどくなればなるほど運転しずらくなったり、夜道であれば、運転がしずらくなったりなどして、雨の日に運転するのが苦手な人もいるかもしれません。

そんな夢では、思うようにならない問題に直面して、身動きが取りづらいことを意味しています。

無理やり進むこともできますが、足取りが重く、自分のペースを狂わされてしまうこともあるでしょう。

そんな時こそ、確実に前に進んでいく姿勢があれば、周りからの信頼もさらに深まることでしょう。

 

雨が降って車の中に避難する夢

浄化や運気の好転を意味する雨を避けるために車に避難することは、いたって普通の行為なのですが、夢の中ではあまり良い夢と解釈されません。

なぜなら、車というのはあなた自身を意味しており、運気の変化に対して臆病になり、自分の殻に閉じこもってしまうことを意味するからです。

どうやら今のあなたには、新しいことに挑戦する勇気が欠落している可能性があり、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

自分にとっての転機というのは何度もあるものではなく、ベストなタイミングでくる運気の流れに乗らないと、次の転機はしばらくやってはきませんよ。自分から積極的に運気を変えていく行動をとっていきましょう。

 

雨が洪水になる夢

大雨が降り続くと、やがて水位は高くなり、川が決壊し洪水などの災害になる危険性があります。

もし雨が洪水になる夢を見たら、今置かれている環境に対してあなた自身が不満を感じていることを意味しています。

 

今の環境から抜け出して、新しい環境にいきたいと考えてはいませんか?

しかし、全く新しい環境に進んでいくことは、楽しいことのようですが、それと同時に恐怖心も感じてしまっているでしょう。もしこの夢を見た場合は、あなたの心はほぼ決まっていて、あとは勇気を持って新しい場所に飛び込むだけなのです。

自分の可能性を信じて飛び込んでみましょう。きっと道は開けるでしょう。

また、雨が海になる夢にはどのような意味があるのでしょうか。

 

雨が海になる夢

雨が降りつづいてやがて海になることが現実では起きないことかもしれませんが、夢の中であれば、起きる可能性もありますよね。

雨の夢には浄化の意味があることから、今あなたの身に起きていることが大変だとしても、いずれ解決することを意味しています。

 

そして、海が印象的な夢は海の状態により、運気がどのように変化していくのかを表し、綺麗な海が印象的なら問題解決の先に良いことが待っている予兆を示しています。

しかし、濁った海が印象的な夢なら、問題に対してまだ改善できることがあるかもしれません。

最後まで手を抜かずに問題に立ち向かっていく努力をしましょう。

 

まとめ

雨の夢について詳しくみていきましたが、雨の夢にも、シチュエーションによって、吉夢にも凶夢にもなり得るので、夢の内容が気になるのであれば、起きがけにメモをしておくことをお勧めします。

雨の夢についてまとめました。

  1. 雨の夢(全体の意味)=「浄化や運気の変化」
  2. 雨漏りの夢=「人間関係のトラブルの予兆」
  3. 雨漏りを修理する夢=「悪い現状を変えようとしている様」
  4. 天井から雨漏りする夢=「上司からの圧力」
  5. 壁から雨漏りする夢=「プライバシーが侵害される予兆」
  6. 雨漏りで布団が濡れる夢=「ネガティブな感情を帰られる時」
  7. 雨漏りで水浸しになる夢 =「心に疲れが出ているサイン」
  8. 雨に濡れる夢 =「(雨に濡れた感情により)運気が変わる兆し」
  9. 雨のなか傘をさす夢=「トラブルがあっても解決できる兆し」
  10. 雨傘を貸す夢 =「人を助けることによって信頼を得る」
  11. 雨傘がない夢=「問題に対して向き合えていない」
  12. 雨宿りする夢=「現実の問題に向き合っていない」
  13. 好きな人と雨宿りする夢=「好きな人と両思いの可能性大」
  14. 洗濯物が雨に濡れる夢=「運気の低下」
  15. 雨で自転車が濡れる夢=「情熱を持って新しいこと始めるタイミング」
  16. 雨の中車で走る夢=「困難に直面している時」
  17. 雨が降って車の中に避難する夢=「自分の殻に閉じこもりチャンスを逃す」
  18. 雨が洪水になる夢=「新しい環境に飛び込む時」
  19. 雨が海になる夢=「問題解決の先にある未来を予兆」

 

夢の中のメッセージによっては、重要な意味合いを持つものもあるので、起きてからも、印象に残る夢を見たのならば、ぜひ夢の意味を調べてみてくださいね!

夢からのメッセージを上手に読み取って、日常に役立てていきましょう。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です